新着情報(法改正情報・事務所だよりのご案内)

2016.11.10

「定年後再雇用者の賃金減額」をめぐる裁判で会社側が逆転勝訴。

定年前と再雇用後の業務内容が同じであるにもかかわらず賃金を下げられたのは違法であるとして、定年前と同じ賃金を支払うようドライバーが勤務先の運送会社に求めていた訴訟(長澤運輸事件)の控訴審判決で、東京高裁は「定年後に賃金が引き下げられることは社会的に受け入れられており、一定の合理性がある」と判断。
「会社側には賃下げをする特段の事情がなく、労働契約法20条違反にあたる」とした一審の東京地裁判決を取り消した。
判決を受け、原告側は上告する方針。今後、会社としては「定年後再雇用者の処遇」については慎重な判断が求められると言えます。

お電話でのお問合せ、初回相談無料03-6300-4902

ネットde顧問

アリスト社労士行政書士事務所

郡山博之

社会保険労務士・行政書士
郡山博之

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステイトメナー1249

TEL 03-6300-4902
FAX 03-6300-4903
携帯 070-3540-7406

代表 郡山博之の日々の活動を更新中!
代表者のブログ
アリスト社労士行政書士事務所
東京就業規則センター
建設業許可のアリスト
宅建業免許のアリスト
東京アリスト遺言・相続相談室

Copyright (C) アリスト社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved.