本文へスキップ

東京,港区,中央区,渋谷区,新宿区の社会保険労務士はアリスト社労士行政書士事務所へ|社会保険の手続き,労働・雇用保険の手続き,給与計算,一般労働者派遣業許可申請の代行

TEL.  TEL050-3054-5725(初回相談無料)

   受付時間:9:00〜20:00(日,祝日除く)       

障害年金の裁定請求HEADLINE

障害年金とは?

1.障害を負ったことで働けなくなったときに,生活の安定が損なわれることがないように,働く上で,あるいは日常生活を送る上で困難があり人に国から支給される年金のことです。

2.障害年金は,国の福祉制度ではありません。生命保険の医療特約に加入して,入院すると当然に保険金請求をしますが,同じように国民年金や厚生年金に加入して保険料を支払った対価として,当然に請求できる権利です。

3.障害年金がもらえる病気やけがは,精神,神経系統,呼吸器,心臓,腎臓,肝臓,血液,造血器,代謝,高血圧,肢体,言語機能,鼻腔機能,聴覚,眼などとほとんどが対象です。もちろん,悪性新生物も対象です。



そんな人が障害年金をもらえるの?

1.初診日に年金制度に加入していることが必要です。
年金制度とは,国民年金,厚生年金,共済年金です。
初診日とは,初めて医師の診療を受けた日をいいます。

2.初診日の前日の時点で,前々月から直近1年間に保険料をきちんと納付しているか,または,全被保険者期間の3分の2の月数の保険料を納付していることです。

3.障害認定日において障害の等級に該当していることが必要です。
障害認定日とは,初診日から1年6か月経過した日またはそれまでに症状が固定した日をいいます。



初診日とは?

障害年金の請求を行う上で,初診日が必要となります。そこで,初診日の具体的例をご案内します。
1.同一傷病で転院があった場合

先に診療を受けた日
2.正確な傷病名が確定していなかった

前の病院で診察を受けた日
3.前の病院の診断が誤診だった。

前の病院で診療を受けた日
4.会社の健康診断で異常の所見があった。

健康診断の日
5.傷病が治癒して再発した

再発後、初めて医師の診断を受けた日
6.前の傷病との間に相当の因果関係がある場合。

前の傷病の診断日

身体障害者手帳の関係

市町村などの発行する障害者手帳とは一般的に障害年金制度はリンクしません。しかし,一般的に,身体障害者手帳の等級は1段階繰り上げるとほぼ障害年金の等級に相当します。また,精神障碍者保健福祉手帳の等級は,ほぼ障害年金の等級に相当します。


国民年金と厚生年金の相違点

国民年金から支給される障害年金を障害基礎年金といい,厚生年金から支給される障害年金を障害厚生年金といいます。また,国民年金に加入している人は障害基礎年金が支給され,厚生年金に加入している人は障害基礎年金と障害厚生年金が支給されます。なお,障害等級は障害基礎年金が2級までに対し,障害厚生年金は3級まであります。


障害年金は、いつから支給されますか?

障害認定日に障害等級に該当した人は障害認定日まで遡って障害年金が支給されます。ただし,5年の時効があります。
また,障害認定日に遡って障害が認定された場合は,初回入金日に差額が一時金として支給されます。

ご対応地域

東京都
港区,(新橋,虎ノ門,六本木,浜松町,青山),中央区,(銀座,日本橋,八丁堀,有楽町),千代田区,(神田,秋葉原),渋谷区,新宿区,豊島区,台東区,北区,足立区,品川区,大田区,江東区,葛飾区,江戸川区,荒川区,中野区,杉並区,世田谷区,練馬区,武蔵野市,三鷹市,小金井市 など
埼玉県
川口市,さいたま市,草加市,越谷市,戸田市,蕨市,朝霞市,新座市,和光市,上尾市,桶川市,所沢市,狭山市,日高市,鶴ヶ島,川越市,八潮市,三郷市 など
神奈川県
川崎市,横浜市など
千葉県
柏市,松戸市,船橋市,市川市など


東京都港区の労基署調査対応に強い!社会保険労務士|アリスト社労士行政書士事務所のお問い合わせ先


 

バナースペース


アリスト社労士行政書士事務所

 東京都港区アリスト社労士行政書士事務所の社会保険労務士・行政書士 代表「郡山博之」
社会保険労務士・行政書士 郡山博之
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-7-10
虎ノ門ニューファッションビル2F

TEL 050-3054-5725
FAX 03-6206-1430
携帯090-3513-4519

「ブログ書いています!!」


当事務所の総合サイト↓


当事務所の就業規則専門サイト↓


当事務所の建設業許専門サイト↓


当事務所の宅建業専門サイト↓

当事務所の遺言・相続サイト↓