ブログ(お役立ち情報)

2016.04.30

4月も今日までですね!

こんにちは!

お疲れ様です!


東京・港区のアリスト社労士行政書士事務所

  代表の郡山 博之です。


4月も今日で終わりですね!

思えば、昨年5月より、事務所を埼玉県川口市から移転し、社会保険労務士・行政書士を再登録の上、1年が経過しました。


この1年間、埼玉県開業時代のお客様からもお仕事を引き続き継続していただき、東京港区に移転してから、新しい他士業の出会い、新しいお客様の出会いなどもあり、1年間、事業を行うことが出来ました。


明日から、東京都で事業を再開して2年目に突入しますが、2年目はさらなる、飛躍の年にしたいです。


引き続き、アリスト社労士行政書士事務所をよろしくお願いいたします!

業歴としては、行政書士が、通算7年目の年、社会保険労務士が通算3年目の年となります。


行政書士は、まさに国家試験と実務がかけ離れているため、この6年間、実務と勉強の繰り返しでした。


社会保険労務士は、会社員時代の総務マネージャー経験で、給与計算・社会保険・労働保険の各種手続き、労基署や年金事務所調査対応もこなし、また、国家試験の経験も実務に役立っています。




昨日・今日と、会社設立や、宅建業免許申請の件、建設業許可申請の件で、お客様とやりとりをしています。


随分、昔の話ですが、私は、高校まで鹿児島県で過ごしました。


大学から関東なんですが、鹿児島を出るとき、必ず、東京で起業する!という目標で出てきました。(長淵剛が目標でした)

最初は、不動産業で企業するのが目標ですが、実際は、士業になりました。



私の私見ですが、埼玉県川口市の開業時代より、確かに事業としての手応えを感じています。


ここまで、当事務所のブログを読んでいただきありがとうございます。 

お電話でのお問合せ、初回相談無料03-6300-4902

Copyright (C) アリスト社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved.