ブログ(お役立ち情報)

2016.02.22

キャリアアップ助成金、増額改定について

 こんにちは!

東京・港区のアリスト社労士行政書士事務所の

  代表の 社会保険労務士・行政書士の郡山 博之です。


耳寄りな情報です!!

キャリアアップ助成金が、増額改定されました。

「キャリアアップ助成金」とは、主に有期契約労働者、短時間労働者等のいわゆる非正規労働者の会社内でのキャリアアップを促進するため、以下の取組みを実施した事業主に対して助成する制度です。

 正規雇用への転換

 人材育成

 処遇改善など

210日より、①②に対しての助成金が増額されました。


(増額されるコース)
1.正規雇用等転換コース
有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換、又は派遣労働者を直接雇用した場合。 

雇用形態

改正後

改正前

①有期→正規

60万円(45万円

50万円(40万円

②有期→無期

30万円(22.5万円

20万円(15万円

③無期→正規

30万円(22.5万円

30万円(25万円

※金額は1人当たり、( )内は中小企業以外の金額です

2. 多様な正社員コース
有期契約労働者等を多様な正社員に転換又は直接雇用等した場合。
①②は、勤務地又は職務限定正社員制度を新たに規定した場合、1事業所あたり10万円(7.5万円)加算されます。

雇用形態

改正後

改正前

①有期→
多様な正社員

40万円(30万円

30万円(25万円

②無期→
多様な正社員

10万円(7.5万円

30万円(25万円

多様な
正社員→正規

20万円(15万円) 
新設

なし

3.人材育成コース(中長期的キャリア形成訓練(厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座))

有期実習型訓練終了後、対象者全員を正規雇用労働者等に転換した場合。

OFF-JT時間

改正後

改正前

100時間未満

15万円(10万円

10万円(7万円

100時間以上200時間未満

30万円(20万円

20万円(15万円

200時間以上

50万円(30万円

30万円(20万円

OFF-JTにかかる経費助成の上限は実費が限度です。


改正後の助成金額が適用されるには
上記1,2のコースは転換等の日、3は訓練計画届提出日が平成28210日以降となる場合に改正後の支給額が適用されます。



助成金についてのご相談は当事務所までお寄せください。

ここまで、ブログを読んでいただきありがとうございました。

お電話でのお問合せ、初回相談無料03-6300-4902

Copyright (C) アリスト社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved.