ブログ(お役立ち情報)

2015.12.06

カスタマイズと相続の話

 こんばんは


東京都港区のアリスト社労士行政書士事務所の


 代表の 社会保険労務士・行政書士 郡山 博之です。


昨日は、今更ですが、アメブロのカスタマイズをしてみました。


アメブロのカスタマイズは、私が埼玉県川口市で開業しているときも、流行ってまして、旧行政書士・社会保険労務士フロント法務事務所の頃にもしていました。その時は、右も左もわからず、同業の行政書士の方で、アメブロで広告している人に依頼しましたが、今回は、自分で調べてカスタマイズです。


ヘッダー画像は、私のホームページを流用しているため、今一の印象と個人的に思いますので、

また、変更しようと考えています。



本日は、妻の父の弟さん(義父)がなくなり、妻の実家に行ってきました。

義父が唯一の相続人のため、その手続き方法や、戸籍謄本の件などを話してきました。


そこで感じたのは、銀行の名義変更や、携帯の解約など・・・・・・etc


相続の手続きは、単純にいかないことです。

余計に、離れた(遠方地)親族が、泣くなり、法定相続人となれば、改めて大変だと痛感しました。


私は、行政書士として、事業としても、遺言・相続を専門としていますので、本日は、義父に事細かに説明してきました。



人生、いつどうなるか、わからないことから、常日頃から、万が一の時にそろえて、必要な書類は、しかりと整理することも必要だと改めて考えました。




私や妻も、万が一の時には、子供たちが不自由しないように、しっかりと、保険証券など、わかりやすい場所に、保管しています。しかし、当人は、未成年ですから、保険証券の意味も分からいと思います。


よく、エンディングノートと言われていますが、最低限、万が一の時に備えて、ノートに書くことも必要ですね。



相続や、銀行口座を凍結された場合は、当事務所にご相談ください。


ここまで、ブログを読んでいただきありがとうございました。

お電話でのお問合せ、初回相談無料03-6300-4902

Copyright (C) アリスト社労士・行政書士事務所 All Rights Reserved.